ニュース

「中国農業プロジェクト」だより 第2号

「2014年 中国農業プロジェクト」概要

中国農業プロジェクトはわが社の海外事業部において最も重要な新規事業として、 2013年のイチゴの実験・実証的な栽培から、本格的な耕作農地拡大し、消費者へ日本の技術で生産した 安全・美味のイチゴを提供している。

また、安信農園の要請に受け、ミニトマトのハウス栽培が今期から指導を始めた。

海外事業部概要

海外事業部は海外における新規事業の企画・立案、商品・製品の開発、 新規取引先の開拓、海外子会社の設立、管理、指導など主となる業務を行う部門である。

2014年主な業務は以下である。

(1)中国農業プロジェクトの栽培・指導規模を2013年の5倍に拡大。
(2)中日合弁企業「青島佳墾農業服務有限公司」設立。
(3)中国浙江省杭州市企業における販売促進の検討・立案。
(4)中国山東省臨沂大学と協力協定の締結。
(5)中国における肥料・飼料原料の商品調査・開発。
(6)シンガポール、マレーシア農業現状調査。

2014年中国農業プロジェクト実施状況

2014年中国山東省イチゴ栽培地( :イチゴ栽培地 :イチゴ育苗地 )

項目 2013年 実績
2014年 実績
2015年 予想
苗栽培 180,000 400,000 1,000,000
栽培面積 25 125 300
アール 170 830 2,000

4月~9月 露地育苗

ポット育苗

9月 苗採集

苗を各栽培基地へ

9月 苗定植指導

苗活着・生育状況

10月 現場技術指導

立体栽培

10月-11月 イチゴの花咲く

12月 イチゴ実になり

イチゴ収穫・包装

デパート・スーパーで販売